つぐ嫁ブログ

ハイセンシティブパーソンの主婦が、夫の影響で始めた趣味嗜好を散らかす雑多ブログです

お題スロット『貯金の方法』今一度考えてみた

お題「貯金の方法」

 

なんの記事書こうかなー、と悩み

下書きが増える一方でしたが

お題スロットまわしてみるとでてきた「貯金の方法」

 

春、新学期、新年度、

お金の動く季節です。

 

f:id:tugume:20180414204416j:plain

 

我が家の貯金方法を考える良い機会にもなるので

現状をまとめてみました。

 

定額貯金?あるだけ貯金?

 

我が家はどちらもしています。

 

何円×12ヶ月の固定で貯めるお金と

金額は定めずあるだけ貯めたお金。

 

定額貯金の方は、いまは入金先が1口座ですが

いずれ用途別に2口座くらいに分散してもいいかなと検討中。

 

余裕資金・使用使途がある資金(旅行、買い物)でもいいし

家族が増えたら、夫婦用・こども用とか。

 

毎月いくらと決めて口座に入れる定額貯金。

 

主人には「面倒じゃない?」と言われますが

A口座からB口座へ、ATMで現金を出して入れてしています。

 

食費、貯金用、お財布に入れる現金をまとめて出して

貯金用の分だけを口座へいれています。

 

定期積金にすれば楽なのでは?

 

あえて契約しての定期積金方式にしていないのは

主人名義にしていて私が解約したい時、またはその逆の時、

銀行窓口で解約するための本人確認書類の持ち出しや

ネット銀行での手続きに必要な時間が

デメリットになると考えたからです。

出したい時に「解約」しなくても「出金」すればいいだけ!

 

あとはこれだけ貯金している、と

毎月実感できるからというのもあります。

気づいたら引かれて貯まっていたというのもお得で便利かも…

でも私は、月々ちゃんと計画的に貯めている実感が欲しかったので。

 

残った分をあるだけ貯金

 

いわゆるあまったお金です。

 

月食費いくら、と決めた中であまったお金

1週間の終わりに財布に残った小銭

買い物をして思いの外使わなかったときのあまったお金

 

小さいお金なので数ヶ月で3〜5万円程度ですが

積み重ねるとしっかり肥やしになってくれます。

 

どれだけ貯まったら?いつまで貯めたら?

これは特にいつとは決めず、お金を入れている容器が

いっぱいになった頃に「未確認現金の入金」として

窓口へ持っていき、貯金口座へ入金してもらいます。

 

ここで「すぐ現金が必要だから」

「紙幣に変えたいから」と「両替」してしまうと、

枚数が多い場合手数料をとられてしまうので注意!

面倒でも「入金して出金」した方がお得です。

 

今後の貯金

 

結婚して親族も増えお祝い事など急な出費があったり、

自分たちに家族が増えたり、引っ越しなど大きな出費が出てきたり、

今後いろんな可能性があることを考えると

「現状維持」よりも「増やす」方向へ持っていきたいですが

何があるか分からないからこそリスクは取りたくない。

 

独身の頃は投資信託などで遊んだこともありますが

いまは全部手放しています。

(ちゃんと勉強する時間ができたらまたやってみようかなー)

 

今回は保険、投資などにはノータッチで

純粋に貯金ということで書きました。

 

無理に攻めて増やそうとせず、守りの貯金も必要だと思っています。

 

とりあえず今後の我が家は現状維持でノーリスクの貯金。

 

しっかり勉強して知識をつけたら、多少のリスクも視野に入れ

リターンを楽しめるようになりたいなーと考え中です。

 

メリット、デメリット

 

我が家はいまのところ、この方法で問題なく貯金できていますが

やはりデメリットもあるかも…

 

そこで簡単にまとめて、デメリットには改善策をあげてみました。

 

メリット

・固定で貯まる分にプラスで、不定期にあるだけ貯金で増える

・毎月いくら、と決めているので収入の内訳を考えやすい

・小銭を貯めるとお財布もすっきり

・食費がこれだけ残せた、とやりがいになる

 

デメリットと改善策

・ATMでの作業が面倒

 →定額自動振込などの利用で自動的にお金を動かす。

  インターネットサービスや窓口で申し込みできます。

  毎月何日にいくらどこへ、と設定ができます。

  ただし振込む金額を口座へ残しておくことが必須。

・貯まった小銭をもっていくのが重い

 →近所の銀行、郵便局にこまめに通う

  枚数が多すぎなければATMでも小銭入金できます。

  紙封筒にジャラっとまとめてついでに入金なら重くない!

・固定費を捻出するのが難しい

 →まずは5千円、1万円と少額から始める

  月2万〜貯められると貯金の実感が湧いてくると思います。

  偶数月はいくら、奇数月はいくらと決めても良いかも。

 

楽しく貯める

 

自分の収入の何%を貯金に回まわすか考え、

どこかに負荷がかからないようにすることが大事。

 

月いくら、年いくら、何年でいくら貯めたいか

明確な目標があるとやる気につながりますね!

 

賞与や臨時収入がある方は、今月はボーナスでプラス!など

貯金の楽しみ方もあるかと思います。

 

欲しいものがなくても、行きたいところがなくても、

必ず自分のプラスになる貯金。

 

自分にあった貯金方法で無理せず楽しく貯めましょう!