つぐ嫁ブログ

ハイセンシティブパーソンの主婦が、夫の影響で始めた趣味嗜好を散らかす雑多ブログです

シミが気になりQスイッチルビーレーザーを受けてきた

本人には切実な問題なんです。 。。

目の下にちーいさいシミを発見し、

コンシーラーで隠すことしばらく…

 

f:id:tugume:20180414191829j:plain

 

肌はノーメイク、写真は無加工ですが分かりにくいですねー。

 

特に気になる箇所、ココです!!

 

f:id:tugume:20180414191834j:plain

 

嫌でも毎日見る自分の顔なので

やっぱり気になって、隠しても気になって、

 

レーザーで綺麗にしよう!ということで調べてみました。

 

シミ?肝斑?そばかす?

 

どうやらシミにも種類がたくさんあるらしく、

自分がどの状態かによって使うレーザーが違うとか。

 

美容外科さんや皮膚科さんのサイトを見ていると、

いくつか説明がありました。

 

紫外線によるメラニン色素沈着「シミ」

主な治療法:シミ取りレーザー、フォトRFアドバンス

左右対称に出ることの多い淡いシミ「肝斑(かんぱん)」

主な治療法:レーザートーニング、イオン導入、ビタミンC剤内服など

紫外線、遺伝が原因の「そばかす」

 主な治療法:シミ取りレーザー、フォトRFアドバンス

皮膚の新陳代謝停滞、血行不良である「くすみ、シミ」

主な治療法:レーザートーニング、ケミカルピーリング、イオン導入など

深い部分へのメラニン色素の沈着「ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)」

主な治療法:シミ取りレーザー

 

種類がありすぎて、自分がどれなのかまったく分かりません…

 

肝斑の場合、シミ取りレーザーでは効果がでないとのこと。

 

ちゃんと診察してもらい、自分に適したものをお願いしようと

皮膚科・形成外科・美容外科をされているクリニックへ行きました。

 

自分にあった治療

 

「遅発性太田母斑かな。」

 

どうやら、普通のシミなのか?あざのような状態なのか?

見極めがとても難しいとのこと。

 

遅発性太田母斑とは

20歳前後から両ほほに出てくる斑点状の茶色から少し灰色がかった母斑。

皮膚の深い層のメラニン色素が落ちている状態で、あざの一種。

肝斑と間違えることも多いけれど、斑点状に出ることと

まぶたには出ないことが特徴。

 

だそうです。

 

「遅発性太田母斑のレーザーは保険適用なので

 そちらでやってみましょう。

 1週間で目立たなくなれば問題ありません。

 1ヶ月後もまだ気になる様であれば時期をみて検討しましょう。」

 

ということでQスイッチルビーレーザーを受けることになりました。

 

Qスイッチルビーレーザーとは?

 

 正常組織のダメージを最小限に抑え、

メラニンなどの色素を持つ細胞を選択的に除去するレーザー。

 

適応は茶あざ、シミ、刺青、青あざなど。

 

メラニン色素を持つ病変部位に最も効率よく吸収される特徴を持っており、

同じQスイッチレーザーのアレキサンドライトレーザーや

ヤグレーザーに比べて治療効果が高いとのこと。

 

強力なレーザーなのでシミをしっかりと治療したい方にオススメ。

ただ深さや大きさ、種類によっては複数回の照射が必要。

 

Qスイッチルビーレーザー体験の感想

 

「痛いけど大丈夫?」「痛いよ」と

先生からも看護師さんからも念を押され、若干怯えながら処置室へ。

 

保冷剤でレーザー照射部位を冷やすこと15分程度。

 

目元を保護され、先生が指で患部を押さえたまま

「今からここに当てますね」と言った直後、保護された中から赤い光が見え、

 

バチッ!!と衝撃が…

 

「これが続くけど大丈夫?範囲が小さいので2、3分くらいかな。」

と言われ、耐えられそうだったのでそのまま続けていただきました。

 

レーザー脱毛を経験されている方は、その感覚と近いかも?

輪ゴムで弾かれたというか…

ピンポイントで鋭いデコピンをされているような…

 

バチバチバチーッと続けてもらい、

ヒリヒリ痛むところへクリームを塗ってもらい終了。

 

照射から帰宅まで

 

「だいぶ赤身が出たねー」と言われ、

鏡を見るとたしかにレーザーを当てたであろう箇所が点々と赤い…

 

f:id:tugume:20180414190853j:plain

 

直後にマスクをしてもいいとのことなのでマスク着用で帰りました。

 

塗り薬はリンデロン-VGが処方され、

1日2〜3回塗れば良いとのこと。

 

f:id:tugume:20180206181238j:plain

 

メイクは翌日から可。

ただ、かさぶた状になるのでノリは悪いようです。

 

看護師さんからは、

できれば目元から上だけのメイクで照射部は塗らない方がいい。

メイクを落とす時どうしてもこするので

かさぶたがはがれてしまうかも…と言われました。

 

しばらくマスク生活かなー、と思いながらお会計。

この時点でかなりヒリヒリしています。

 

外に出るとマスク越しに吹いた風が当たって

さらに少しヒリヒリ。

 

その後15分もすると気にならなくなりました。

 

4、5時間たってクリームをべったり塗ったことを忘れて

軽く触ってしまいましたが

ほんの少しピリッとしただけで、痛みはありませんでした。

 

レポだけで長くなってしまったので

次回、写真付きで経過を載せていこうと思います。